FileMakerのWebビューアで使うカレンダーを調べてみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

fmOAuthでGoogleカレンダーの連携をしていて、せっかくならGoogleカレンダーに近いUIで実装したい、と思うようになりました。

そこで、Webビューアでカレンダーを表示する際に、良さそうなライブラリーなどを調べたので、紹介したいと思います。

利用する際には、ライセンスなど確認してください。

FullCalendar

https://fullcalendar.io
https://github.com/fullcalendar/fullcalendar

filemaker-webviewer-calendar-library1

FileMakerで、カレンダーといえば FullCalendar というくらい、定番だと思います。
海外では、FullCalendarを組み込んだファイルを販売している会社があるので、相性がよいのだと思います。

実際につかったことがありますが、使いやすく日本語の情報も多いので、少し調べれば比較的簡単に実装できると思います。
ドキュメントがわかりやすくまとまっているので、読めば理解できると思います。

ライセンス

MIT License

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/MIT_License

要約すると、MIT Licenseとは次のようなライセンスである。
このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。

FullCalendar Scheduler

https://fullcalendar.io/scheduler/

filemaker-webviewer-calendar-library7

先ほど紹介した FullCalendar のアドオンです。

ライセンスが、FullCalendarと違うため、利用の際は確認してください。

ライセンス

https://fullcalendar.io/scheduler/license/

続きを読む →

fmOAuth(0.0.2)の機能を使ってFileMakerとGoogleカレンダーの連携や、Gmailをダウンロードしてみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

先日、2つの簡単な記録を書きました。

fmOAuth(0.0.2)に、GmailのAPI(ダウンロードと送信)を実装しています

fmOAuth(0.0.2)に、OAuth認証(Google)に任意のアプリを利用できる機能を実装しています

伝わらないと思い、あたらめて動きを動画にしてみました。
動画をみていただけると、どんなことができるかわかるかと思います。

今回は、サンプルファイルを大きく修正していますので、リリース後にダウンロードしていただければと思います。

引き続き、開発していきます!

このあとは、Webビューアを使って、カレンダーを実装したいと思います。

HHKBのキーボードブリッジを購入しました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

世の中の多くの開発者は、一日の大半をキーボードと一緒に過ごしていると思います。

デスクやマシン、ディスプレイなどの開発環境に、こだわりをもっている方も多いと思います。

私も開発環境には、かなりのこだわりをもっています。

生産性を高めるために、自然と追求するようになりました。

HHBKのキーボードを購入

私は、普段HHKB(Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列)を使っています。

Macbook Proの内蔵キーボードでもよいのですが、やはり使い心地が良くて、HHKBを買ってからはずっとHHKBを使っています。

HHKBとの出会いは、また今度書きますが…

今回は、HHKBをMacbook Proの上にのせるためのキーボードブリッジを購入しましたので、どんな感じになるか写真を撮ってみました。

購入したキーボードブリッジ

こちらを購入しました。

http://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/hhkb-option/detail_pz-kbbrg.html

HHKBのキーボードブリッジ装着

装着しました!

入れ物

hhkb-keyboard-bridge-01

Macbook Pro 13

hhkb-keyboard-bridge-02

続きを読む →

API連携のテストには “テキストを挿入” がおすすめ

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMaker 16 より URL から挿入 が大きく改良されました。
cURLオプション を使えるようになった点がすごく大きいですね。

知らない方も多いようですが、バージョン15でも httpspost などは使えてたんですよね。

https://www.filemaker.com/help/15/fmp/ja/#page/FMP_Help%2Finsert-from-url.html

[URL から挿入] は、http、https、httppost、httpspost、ftp、ftps、および file プロトコルをサポートします。FileMaker Pro は、URL によってターゲットフィールドに指定されたリソースをダウンロードします。

ただ、外部サービスとの連携をする際には、デフォルトの機能ではできないことが多く、私は BaseElementsプラグイン を利用して、cURLコマンドを実行していました。

https://baseelementsplugin.zendesk.com/hc/en-us/articles/203843738-BE-HTTP-POST

BE_HTTP_POST ( url ; parameters { ; username ; password } )

Does a http POST function and returns the results. This uses the curl library so output will be similar to that. This is used in conjunction with the BE_HTTP_Set_Custom_Header function to set custom headers in advance and the BE_HTTP_Response_Code and BE_HTTP_Response_Headers functions to get the result values after the POST is complete.

話を戻しまして。

API連携をする際に、cURLオプションに色々と記述するわけですが、FileMakerの計算式で書くには、少ししんどいケースがあります。

続きを読む →

fmOAuth(0.0.2)に、OAuth認証(Google)に任意のアプリを利用できる機能を実装しています

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

タイトルからは少し分かりづらいかもしれませんが、同意画面を fmOAuth ではなく、任意のアプリに置き換えることができるように実装しています。

ということで、自分のGoogleアカウントでコンソールにログインし、アプリを作成してもらい、引数を渡していただければ利用できます。

自分のアプリを作成する方法は、別で記事を書きます。

fmOAuthの同意画面

デフォルトでは、以下のような同意画面です。

fmoauth-002-google-oauth-application1

任意のアプリの同意画面

コンソールでアプリを作成し、アプリの情報をスクリプト引数で渡すと、以下のような同意画面になります。

fmoauth-002-google-oauth-application2

スクリプト(画像)

fmoauth-002-google-oauth-application3

スクリプト(コード)

# 
# ──────────────────── Parameter
# 
# case fmOAuth
# 
If [ True // fmOAuth ] 
	テキストを挿入 [ 選択 ; $scopeList ; 「https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/drive https://mail.google.com/」 ] 
	変数を設定 [ $param ; 値: JSONSetElement (  "{}" ;  [ "scopeList" ; $scopeList ; JSONString ] ) ] 
End If
# 
# case Your Google App
# 
If [ False // Set CustomFunction from Your Google App Information ] 
	変数を設定 [ $appId ; 値: z_yourGoogleAppId ] 
	変数を設定 [ $secret ; 値: z_yourGoogleAppSecret ] 
	変数を設定 [ $redirect ; 値: z_yourGoogleAppRedirect ] 
	テキストを挿入 [ 選択 ; $scopeList ; 「https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/drive https://mail.google.com/」 ] 
	変数を設定 [ $param ; 値: JSONSetElement (  "{}" ;  [ "appId" ; $appId ; JSONString ] ;  [ "secret" ; $secret ; JSONString ] ;  [ "redirect" ; $redirect ; JSONString ] ;  [ "scopeList" ; $scopeList ; JSONString ] ) ] 
End If
# 
# ──────────────────── Perform Script
# 
スクリプト実行 [ 「0307.Get Refresh Token Google ( appId ; secret ; redirect ; scopeList )」 , ファイル: 「fmoauth」 ; 引数: $param ]
# 
# ──────────────────── Response Data
# 
If [ IsEmpty ( FilterValues ( JSONListKeys ( Get ( スクリプトの結果 ) ; "" ) ; "refresh_token" ) ) ] 
	# error
	フィールド設定 [ USER::googleRefreshToken ; Get ( スクリプトの結果 ) ] 
Else
	# ok
	フィールド設定 [ USER::googleRefreshToken ; JSONGetElement ( Get ( スクリプトの結果 ) ; "refresh_token" ) ] 
End If
# 

1件のコメント

fmOAuth(0.0.2)に、GmailのAPI(ダウンロードと送信)を実装しています

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

久しぶりのブログです。みなさまご無沙汰しております。

去年(2017年)の年末に fmOAuth というサービスのベータバージョン(0.0.1)をリリースしました。

リリースした後、しばらく開発することができなかったのですが、少し時間ができたので継続して開発を進めています。

今回のリリース(0.0.2)では Gmail のAPIにアクセスできるようにスクリプトを追加しました。

そのため、Gmailをダウンロードできるようになり、API経由でのメール送信ができるようになりました。

メール送信については、ファイルメーカーのスクリプトステップでメール送信できるので不要かと思いましたが、せっかくですので実装しました。
(ちなみに、現在のところはプレーンテキストの送信になります。)

Gmail API

fmoauth-002-gmail-api-download-send1

Gmail API レスポンスデータ(画像)

fmoauth-002-gmail-api-download-send2

Gmail API レスポンスデータ(JSON)

{
	"messages" : 
	[
		{
			"id" : "1617d8aa4f69f846",
			"threadId" : "1617d8aa4f69f846"
		},
		{
			"id" : "1617d87efe69da91",
			"threadId" : "1617d87efe69da91"
		},
		{
			"id" : "1617d3c7d8bba069",
			"threadId" : "1617d3c7d8bba069"
		},
		{
			"id" : "1602efb1eafc3062",
			"threadId" : "1602efb1eafc3062"
		},
		{
			"id" : "1602edd4d91518e5",
			"threadId" : "1602edd4d91518e5"
		}
	],
	"resultSizeEstimate" : 5
}
2件のコメント

Integromatを使いFileMakerとGoogleカレンダーを簡単に連携する

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FM-Tokyoで話すことになったので、とりあえずってことで、簡単ではありますが記事をあげておきます。

後ほど、修正します!

デモファイルのダウンロード

https://github.com/frudens/fm-tokyo-integromat

Integromat

まずは登録してください。

https://www.integromat.com

ログイン後の画面

ログイン後の画面です。

「Create a new Scenario」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-01

シナリオ作成のためのサービスを選択する

「web」と入力し、絞り込みます。

「Webhoook」を選択し、右上の「Continue」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-02

シナリオを作成する

真ん中に「?」が表示されます。

右クリックで「Webhook」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-03

続きを読む →

fmperception-diff-viewer

FMPerception の diff を見やすくするためのファイルを作ってみた

fmperception-diff-viewer3

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

FMPerception の diff を見やすくするためのファイルを作成しました。

FileMakerの開発者であれば、FMPerceptionBaseElementsInspectorPro、などを使っている人が多いと思います。

私は、以前は BaseElements を利用していましたが FMPerception がリリースされてからは BaseElements をほとんど利用していません。

ということで、普段は FMPerception を利用しているのですが FMPerception の diff のレポートが、少し分かりづらいなと感じています。
(もしかしたら私のやり方が悪いのかもしれませんので、認識が間違っていたらご指摘ください。)

そこで、diffを見やすくしたいなと思いささっと作成しました。

GitHubにて公開していますので、宜しければ見てみてください。

fmperception-diff-viewer

https://github.com/teruhirokomaki/fmperception-diff-viewer

まだ分析ツールを購入していない開発者の方

因みに、分析ツールを利用せずに「データベースデザインレポート(DDR)をHTMLでエクスポートしてブラウザで見てる。」なんて人は今すぐに分析ツールを買いましょう。
開発者や開発会社であれば、買わない理由がないですし、積極的にサードパーティのツールを導入して自分の時間を効率よく使いましょう。

FMPerception や BaseElements のレビューは、追って記事にしたいと思います。

GitHubに公開することにしました

こんにちは。

タイトルの通りですが、ブログやFileMakerのWebセミナーで利用したデモファイルをGitHubに公開することにしました。

過去のデモファイルはもちろんですが、今後のデモファイルも順次GitHubに公開します。

下記のURLよりご確認頂ければと思います。

https://github.com/teruhirokomaki

https://github.com/frudens

GitHubを見てご質問などありましたら、Twitterやお問合せフォームなどから、ご連絡頂ければと思います。

setsumeikai_seminar

FileMaker カンファレンス 2017 のセッションで利用したデモファイルについて

FileMaker カンファレンス 2017 のセッションで利用したデモファイルの一部を配布予定です。

また、後の方に座っていた方はモニターが見えなかったようなので、セッションと同じ説明を動画にして公開したいと考えております。

日程は未定ですが、追って告知致しますので、しばらくお待ち頂ければと思います。