fmOAuth v0.0.3 をリリースしました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

fmOAuth v0.0.3 をリリースしました。

修正点については、リリースノートをご確認ください。

fmOAuthのクライアントIDを更新した関係上 v0.0.2 以前のサンプルファイルで「fmOAuthを利用する」を選択すると、エラーになります。

クライアンIDの更新についても、S3などにファイルをおいといて、常に最新ファイルをダウンロードすれば、動的に管理できるのですが…
今回は、そこまで修正はしていません。

また、「fmoauth.fmp12をサーバーにホストすると、うまく連携ができない。」というお問い合わせを頂きましたので、確認しました。
私の環境では、連携できることが確認できました。

次回のバージョンアップでは、Gmail APIをすべてカバーしたいと思っています。
HTMLメールも送信できるようになります。

サンプルファイルを見ていただき、スクリプトなど不明点があればご質問ください。

連携してほしいAPIなどあれば、ご要望いただければと思います。

fmOAuthを利用して頂いた開発者の方へ

いつも利用して頂きありがとうございます。
できれば、感想(良い点も、悪い点も、遠慮なく。)を頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

fmOAuth v0.0.2 をリリースしました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

fmOAuth v0.0.2 をリリースしました。

修正点については、リリースノートをご確認ください。

個人的には、任意のクライアントを使いAPIを利用できるようになった点が大きいと思います!

ご自身のアカウントで Google Cloud Platform にログインしていただき、APIを利用するためのクライアントを作成し、作成したクライアント情報をスクリプト引数で渡してもらえれば利用できるようにしました。

ほかには、Gmailをダウンロードできるようになりました。
サーバーサイドで実行していただければ、Gmailを同期できると思います。
プラグインなどを利用せずに URLから挿入 のみで、実装していますので組み込むのも簡単かと思います。

サンプルファイルを見ていただき、スクリプトなど不明点があればご質問ください!

話は変わりますが…

現在は、FileMakerのWebビューアで利用できる FullCalendar を簡易的に組み込めるテンプレートファイルを作成しています。

Webストアなどで販売してみたいので、安いかもしれませんが、有料で販売するかもしれません!

その際は、是非ともご購入いただければと思います m(_ _)m

連携してほしいAPIなどあれば、ご要望いただければと思います。

fmOAuth(0.0.2)の機能を使ってFileMakerとGoogleカレンダーの連携や、Gmailをダウンロードしてみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

先日、2つの簡単な記録を書きました。

fmOAuth(0.0.2)に、GmailのAPI(ダウンロードと送信)を実装しています

fmOAuth(0.0.2)に、OAuth認証(Google)に任意のアプリを利用できる機能を実装しています

伝わらないと思い、あたらめて動きを動画にしてみました。
動画をみていただけると、どんなことができるかわかるかと思います。

今回は、サンプルファイルを大きく修正していますので、リリース後にダウンロードしていただければと思います。

引き続き、開発していきます!

このあとは、Webビューアを使って、カレンダーを実装したいと思います。

API連携のテストには “テキストを挿入” がおすすめ

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMaker 16 より URL から挿入 が大きく改良されました。
cURLオプション を使えるようになった点がすごく大きいですね。

知らない方も多いようですが、バージョン15でも httpspost などは使えてたんですよね。

https://www.filemaker.com/help/15/fmp/ja/#page/FMP_Help%2Finsert-from-url.html

[URL から挿入] は、http、https、httppost、httpspost、ftp、ftps、および file プロトコルをサポートします。FileMaker Pro は、URL によってターゲットフィールドに指定されたリソースをダウンロードします。

ただ、外部サービスとの連携をする際には、デフォルトの機能ではできないことが多く、私は BaseElementsプラグイン を利用して、cURLコマンドを実行していました。

https://baseelementsplugin.zendesk.com/hc/en-us/articles/203843738-BE-HTTP-POST

BE_HTTP_POST ( url ; parameters { ; username ; password } )

Does a http POST function and returns the results. This uses the curl library so output will be similar to that. This is used in conjunction with the BE_HTTP_Set_Custom_Header function to set custom headers in advance and the BE_HTTP_Response_Code and BE_HTTP_Response_Headers functions to get the result values after the POST is complete.

話を戻しまして。

API連携をする際に、cURLオプションに色々と記述するわけですが、FileMakerの計算式で書くには、少ししんどいケースがあります。

続きを読む →

fmOAuth(0.0.2)に、OAuth認証(Google)に任意のアプリを利用できる機能を実装しています

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

タイトルからは少し分かりづらいかもしれませんが、同意画面を fmOAuth ではなく、任意のアプリに置き換えることができるように実装しています。

ということで、自分のGoogleアカウントでコンソールにログインし、アプリを作成してもらい、引数を渡していただければ利用できます。

自分のアプリを作成する方法は、別で記事を書きます。

fmOAuthの同意画面

デフォルトでは、以下のような同意画面です。

fmoauth-002-google-oauth-application1

任意のアプリの同意画面

コンソールでアプリを作成し、アプリの情報をスクリプト引数で渡すと、以下のような同意画面になります。

fmoauth-002-google-oauth-application2

スクリプト(画像)

fmoauth-002-google-oauth-application3

スクリプト(コード)

# 
# ──────────────────── Parameter
# 
# case fmOAuth
# 
If [ True // fmOAuth ] 
	テキストを挿入 [ 選択 ; $scopeList ; 「https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/drive https://mail.google.com/」 ] 
	変数を設定 [ $param ; 値: JSONSetElement (  "{}" ;  [ "scopeList" ; $scopeList ; JSONString ] ) ] 
End If
# 
# case Your Google App
# 
If [ False // Set CustomFunction from Your Google App Information ] 
	変数を設定 [ $appId ; 値: z_yourGoogleAppId ] 
	変数を設定 [ $secret ; 値: z_yourGoogleAppSecret ] 
	変数を設定 [ $redirect ; 値: z_yourGoogleAppRedirect ] 
	テキストを挿入 [ 選択 ; $scopeList ; 「https://www.googleapis.com/auth/calendar https://www.googleapis.com/auth/drive https://mail.google.com/」 ] 
	変数を設定 [ $param ; 値: JSONSetElement (  "{}" ;  [ "appId" ; $appId ; JSONString ] ;  [ "secret" ; $secret ; JSONString ] ;  [ "redirect" ; $redirect ; JSONString ] ;  [ "scopeList" ; $scopeList ; JSONString ] ) ] 
End If
# 
# ──────────────────── Perform Script
# 
スクリプト実行 [ 「0307.Get Refresh Token Google ( appId ; secret ; redirect ; scopeList )」 , ファイル: 「fmoauth」 ; 引数: $param ]
# 
# ──────────────────── Response Data
# 
If [ IsEmpty ( FilterValues ( JSONListKeys ( Get ( スクリプトの結果 ) ; "" ) ; "refresh_token" ) ) ] 
	# error
	フィールド設定 [ USER::googleRefreshToken ; Get ( スクリプトの結果 ) ] 
Else
	# ok
	フィールド設定 [ USER::googleRefreshToken ; JSONGetElement ( Get ( スクリプトの結果 ) ; "refresh_token" ) ] 
End If
# 

1件のコメント

fmOAuth(0.0.2)に、GmailのAPI(ダウンロードと送信)を実装しています

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

久しぶりのブログです。みなさまご無沙汰しております。

去年(2017年)の年末に fmOAuth というサービスのベータバージョン(0.0.1)をリリースしました。

リリースした後、しばらく開発することができなかったのですが、少し時間ができたので継続して開発を進めています。

今回のリリース(0.0.2)では Gmail のAPIにアクセスできるようにスクリプトを追加しました。

そのため、Gmailをダウンロードできるようになり、API経由でのメール送信ができるようになりました。

メール送信については、ファイルメーカーのスクリプトステップでメール送信できるので不要かと思いましたが、せっかくですので実装しました。
(ちなみに、現在のところはプレーンテキストの送信になります。)

Gmail API

fmoauth-002-gmail-api-download-send1

Gmail API レスポンスデータ(画像)

fmoauth-002-gmail-api-download-send2

Gmail API レスポンスデータ(JSON)

{
	"messages" : 
	[
		{
			"id" : "1617d8aa4f69f846",
			"threadId" : "1617d8aa4f69f846"
		},
		{
			"id" : "1617d87efe69da91",
			"threadId" : "1617d87efe69da91"
		},
		{
			"id" : "1617d3c7d8bba069",
			"threadId" : "1617d3c7d8bba069"
		},
		{
			"id" : "1602efb1eafc3062",
			"threadId" : "1602efb1eafc3062"
		},
		{
			"id" : "1602edd4d91518e5",
			"threadId" : "1602edd4d91518e5"
		}
	],
	"resultSizeEstimate" : 5
}
2件のコメント

Integromatを使いFileMakerとGoogleカレンダーを簡単に連携する

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FM-Tokyoで話すことになったので、とりあえずってことで、簡単ではありますが記事をあげておきます。

後ほど、修正します!

デモファイルのダウンロード

https://github.com/frudens/fm-tokyo-integromat

Integromat

まずは登録してください。

https://www.integromat.com

ログイン後の画面

ログイン後の画面です。

「Create a new Scenario」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-01

シナリオ作成のためのサービスを選択する

「web」と入力し、絞り込みます。

「Webhoook」を選択し、右上の「Continue」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-02

シナリオを作成する

真ん中に「?」が表示されます。

右クリックで「Webhook」を選択します。

filemaker-google-integration-integromat-03

続きを読む →

setsumeikai_seminar
1件のコメント

9月12日のWebセミナーで利用したデモファイルのダウンロードについて

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

Webセミナーにご参加頂きまして、ありがとうございます。

以下のフォームに入力して頂けますと、Webセミナーで利用したデモファイルをダウンロードできます。

GitHubで公開しましたので、ご自由にダウンロードして頂ければと思います。

ダウンロード

https://github.com/teruhirokomaki/filemaker-webseminar-curloption

デモファイルのイメージ

cURLオプションを使ってDropboxを操作しよう

バージョン16で改良された「URLから挿入」と「cURLのオプション」を活用し、Dropboxを操作するデモをご紹介します。外部サービスと連携し、カスタム Appをより便利に活用しましょう。
– Dropboxにある各種データの情報を取得する
– FileMakerからDropboxに各種データをアップロードする
– Dropboxにある各種データのテンポラリーなURLを取得し閲覧する
– その他活用方法など

※メールが届くまで少し時間がかかるかもしれませんので、ご了承ください。

setsumeikai_seminar
2件のコメント

9月5日のWebセミナーで利用したデモファイルのダウンロードについて

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

Webセミナーにご参加頂きまして、ありがとうございます。

以下のフォームに入力して頂けますと、Webセミナーで利用したデモファイルをダウンロードできます。

GitHubで公開しましたので、ご自由にダウンロードして頂ければと思います。

ダウンロード

https://github.com/teruhirokomaki/filemaker-webseminar-json

JSON関数を使って外部サービスの情報を取得しよう

バージョン16で登場した新しいJSON関数について、どのような使い方が出来るかデモを通してご紹介します。外部サービスと連携し、カスタム Appをより便利に活用しましょう。
– 住所から緯度経度を取得する
– 2つの緯度経度から距離を取得する
– 外部サービスからJSONデータを取得する方法
– 取得したJSONデータをフィールドに設定する
– 取得したJSONデータからレコードを作成する
– その他活用方法など

※メールが届くまで少し時間がかかるかもしれませんので、ご了承ください。