発表資料「FileMaker や macOS の設定や 工夫していることなどのご紹介」を公開しました

株式会社フルーデンスの小巻です。

2019年02月09日に開催した、FM-Tokyoのオフラインミーティングにて発表をさせていただきました。

発表の際に使った資料を公開しましたので、ご興味のある方はご確認頂ければと思います。

発表内容

FileMaker や macOS の設定や 工夫していることなどのご紹介

開発者の皆様は、日々開発効率をあげるために、FileMakerやmacOSの設定をしていると思います。
私自身の設定や工夫していることのご紹介をするとともに、ご来場の皆様からも「私は〇〇を使っている!」などのご意見もお伺いしたいと思います。

lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-7

legoを使ってLet’s EncryptのSSL証明書をDNS認証で発行しFileMaker Serverに設定する方法

Let’s EncryptのクライアントでlegoというCLIツールがあります。

Go製のCLIツールのため、導入や実行が簡単にできます。

非常に簡単に実行できたので、タイトルのとおり、FileMaker Serverに設定する方法を紹介します。

当然ですが、すべて自己責任にてお願いいたします。

環境など

今回は、以下の環境で作業をしました。

  • Windows Server 2016
  • FileMaker Server 17
  • lego v2.1.0

DNSのコンパネにログインして、TXTレコードを編集できる必要があります。

まずはlegoをダウンロードする

GitHubのリリースからダウンロードします。

legoのリポジトリはこちら

https://github.com/xenolf/lego

ダウンロードはこちら

https://github.com/xenolf/lego/releases

以下をダウンロードします。

lego_v2.1.0_windows_amd64.zip

lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-1

今回は、Downloadsに保存して、作業を進めます。

lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-2

解凍します。

続きを読む →

コンサルティング レポート(Google スプレッドシートとFileMakerの連携)

株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMaker カンファレンスに登壇させて頂いたり、Webセミナーをやっていることもあり、技術支援のご依頼を頂く事が少しづつ増えてきました。

今年より、コンサルティングをさせて頂いたお客様に、アンケートのご協力をお願いすることにしました。

ご記入頂いた内容を匿名で公開することにご了承頂きましたので、簡易的な記事にさせていただきました。

ご了承頂きまして、誠にありがとうございました。

お客様からご相談頂いた内容

お客様からは、以下のような内容をご相談頂きました。

  • 任意のGoogle スプレッドシートを、FileMakerのレコードで更新したい。
  • fmOAuth(弊社がGiHubに公開しているソリューション)を参考にし、Google スプレッドシートの新規作成はできたが、更新するときの「URLから挿入」のcURLコマンドやスクリプトをどのように記述すればよいか分からない。
  • JSONを作成するときに、効率の良い作成方法はあれば教えてほしい。
  • トークンを取得しても、3600秒(1時間)で、期限が切れてしまう。

続きを読む →

4件のコメント

fmSimpleCalendarをGitHubに公開しました

published-fmsimplecalendar-to-github-1

概要はこちら

fmSimpleCalendar(FileMaker開発者向けカレンダーソリューション)

解説について

ソリューションの解説記事を準備していますので、しばらくお待ち下さい。

ダウンロードはこちら

cloneして頂ければと思います。

README.mdは、後ほど更新します。

https://github.com/frudens/fmsimplecalendar

動作確認

動作確認していませんので、ご了承ください。

FullCalendarのバージョンについて

今回、公開したファイルは FullCalendar Ver3 を利用しています。

Ver3は、jQueryに依存しているためコーディングしづらいですが、Ver4はコーディングしやすいです。

そのため、今後は Ver4 を利用して更新していきたいと思います。

もし、修正してくださる方がいれば、ぜひとも、お声かけ頂きたいです。

一緒に更新できればと思います。

続きを読む →

2件のコメント

GitHubにfmOAuth(v0.0.4)を公開しました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

タイトルの通り、GitHubにfmOAuthを公開しました。

今回は、お知らせと「なぜGitHubに公開したのか?」について書きます。

お知らせ

GitHubに公開しましたので、ダウンロードしたい方は↓からお願いします。

https://github.com/frudens/fmoauth

使い方は、デモ動画を見てもらえればと思います。

リクエストや質問があれば Gitter にて、お気軽に連絡頂ければと思います!

https://gitter.im/frudens-com/fmoauth

お願い

もし、どこかのプロジェクトで利用された場合、「使いましたー!」と、お声かけ頂けると嬉しいです。

なぜGitHubに公開したのか?

簡単に言うと、fmOAuthのように、FileMakerから直接APIをコールしないほうが良いと判断し、私には不要になったからです。
そして、私には不要ですが、もしかしたら「誰かの役に立つかもしれない」と思ったからです。

なぜ、私には不要になったのか…

それは、Golangで開発するようになったためです。
Golangに限らず、PythonやJavascript、PHPなどで開発できる人は、私と同じように考えてると思います。

また、どんな言語であれ、便利なライブラリーやパッケージがあるので、FileMakerと比較すると、かなり効率良く開発できます。

FileMaker開発者も、一般的なプログラミング言語を勉強すると、課題解決の可能性が広がりますので、おすすめです!

以下のようなイメージです。

FileMakerから直接APIをコールする

published-fmoauth-to-github-1

GAE/Goを経由してAPIをコールする

published-fmoauth-to-github-2

続きを読む →

goFMDataMigration(FMDataMigrationを簡単に実行するためのCLIツール)を公開しました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMakerの開発をする際に、商用環境と別に開発環境を準備するのが一般的だと思います。

また、初回バージョンのシステムをリリースした後には、開発者は、開発環境を修正し任意のタイミングで、商用環境にリリースします。

そのため、リリース時には、商用環境にあるデータを開発環境のCloneファイルにデータ移行(DataMigration)する必要があります。

データ移行(DataMigration)について


これまでは、おそらく開発者自身でデータ移行ツールを作成し、事前にリハーサルをし、リリース作業をする方が多いと思います。

もしくは、リフレッシュFM(RefreshFM) などを利用しているかもしれません。

しかし、今回のタイトルにもある通り、これからは FMDataMigration というCLIツールを使うケースが増えると思います。

FMDataMigrationについて

FMDataMigrationとは、FileMaker Developer Subscription (FDS) をサブスクリプションすると利用できるCLIツールです。

詳細は、以下のリンクを見るとよいと思います。

FileMaker Developer Subscription
https://store.filemaker.com/product/FDS

Introducing FileMaker 17’s FMDataMigration Command Line Tool
https://www.soliantconsulting.com/blog/fmdatamigration-command-line-tool

FileMaker Data Migration Tool Guide
https://fmhelp.filemaker.com/docs/edition/en/migration/index.html

続きを読む →

2件のコメント

Google DriveのCLIツールは skicka がおすすめ

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

G Suiteのビジネスエディションを契約すると、Google Driveが無制限になりますので「これは使わない手はない!」っということで、Google Driveを積極的に利用しています。

きっと、多くの方が「ドライブ ファイル ストリーム」をインストールして使っている?と思います。

ドライブ ファイル ストリームのサイズがおかしい?

私も、先日まで「ドライブ ファイル ストリーム」をインストールして使っていました。

なにかのきっかけでディスクの容量を確認した際に…

~/Library/Application\ Support/Google/DriveFS

DriveFSのサイズがえらいことになっていました。

個人的には、Dropboxのスマートシンクと同じ認識で使っていたので、なんでこんなに容量使ってるんだろう?と疑問に思いつつ…

私の設定が悪いのか?分かりませんが、ドライブ ファイル ストリームをインストールしている意味がなくなったので、アンインストールして、CLIツールを探すことにしました。

CLIツールを探す旅1

Google DriveのCLIツールをググると「gdrive」がでてきます。

Go製なので、インストールして使ってみました。

インストール

go get github.com/prasmussen/gdrive

list

gdrive ls という感じで使えると思ったが --query "name contains 'gdrive'"とか、しんどい…

しばらく使ったが、どこか違う感がありました。

$ gdrive list --query "name contains 'gdrive'" --order "quotaBytesUsed desc" -m 3
Id                             Name                     Type   Size     Created
0B3X9GlR6EmbnZXpDRG1xblM2LTg   gdrive-linux-mips64      bin    8.5 MB   2016-02-22 21:07:04
0B3X9GlR6EmbnNW5CTV8xdFkxTjg   gdrive-linux-mips64le    bin    8.5 MB   2016-02-22 21:07:07
0B3X9GlR6EmbnZ1NGS25FdEVlWEk   gdrive-osx-x64           bin    8.3 MB   2016-02-21 20:22:13

引き続き旅を続けました。

続きを読む →

macOSのrmコマンドをrmtrashに置きかえる

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

最近は、Go言語が楽しくて時間に余裕があればGoを勉強しています!

Google Driveのファイルをlsやcpをつかって操作したいと思い、自分用のcliツールを作成しています。
まだ、作成途中ですが↓のような感じです。Go楽しいですよ!

gogdrive

最近は、できる限りターミナルで仕事するようにしているので、おすすめコマンドを日頃からググっています。

何日か前にrm -rfは危ないですよ!って記事をみたので、rmtrashコマンドを紹介します。

rmtrashコマンド

rmは落ち着かないので、rmtrashを使うのがよいと思います。

brewでインストール

$ brew install rmtrash

vimで.bashrcを開く

$ vim ~/.bashrc

aliasの設定

alias rm='rmtrash'

.bashrcの読み込み

$ source ~/.bashrc

いつも通りのターミナル生活を!

続きを読む →

fmOAuth v0.0.3 をリリースしました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

fmOAuth v0.0.3 をリリースしました。

修正点については、リリースノートをご確認ください。

fmOAuthのクライアントIDを更新した関係上 v0.0.2 以前のサンプルファイルで「fmOAuthを利用する」を選択すると、エラーになります。

クライアンIDの更新についても、S3などにファイルをおいといて、常に最新ファイルをダウンロードすれば、動的に管理できるのですが…
今回は、そこまで修正はしていません。

また、「fmoauth.fmp12をサーバーにホストすると、うまく連携ができない。」というお問い合わせを頂きましたので、確認しました。
私の環境では、連携できることが確認できました。

次回のバージョンアップでは、Gmail APIをすべてカバーしたいと思っています。
HTMLメールも送信できるようになります。

サンプルファイルを見ていただき、スクリプトなど不明点があればご質問ください。

連携してほしいAPIなどあれば、ご要望いただければと思います。

fmOAuthを利用して頂いた開発者の方へ

いつも利用して頂きありがとうございます。
できれば、感想(良い点も、悪い点も、遠慮なく。)を頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

ターミナルから FileMaker 17 Data API を試してみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

先日、FileMaker 17 がリリースされまして、界隈は大変盛り上がっていますね。
多くのデベロッパーさんが、17に関連する記事を書いています。
そこで、今回は情報の少なめな FileMaker 17 Data API について、書いてみます。

タイトルの通り、ターミナルを使いますが、コピペで使えるようにしていますので、気軽に挑戦してみてください。

まずは、ドキュメントの整理を。

FileMaker Data API について

Data API は、16から使えましたが、試用期間でした。
試用期間も終わり 17 で、正式にリリースされました。

時間がある方は、ヘルプを見てください。

FileMaker 16 Data API
https://fmhelp.filemaker.com/docs/16/ja/restapi/

FileMaker 17 Data API
https://fmhelp.filemaker.com/docs/17/ja/dataapi/

FileMaker Data API Reference について

FileMaker Server をインストールしたら、以下のURLでリファレンスを見ることができます。

https://your-domain.com/fmi/data/apidoc/

ヘルプを見ればちゃんと書かれていますので、見ましょう。

FileMaker Server をインストールすると FileMaker Data API Reference ファイルがインストールされます。このリファレンスファイルには、FileMaker Data API でサポートされるすべての呼び出しに関する詳細情報が含まれています。

メモ: FileMaker Data API Reference を表示するには Admin Console で FileMaker Data API アクセスが有効に設定されていることを確認します。FileMaker Server ヘルプを参照してください。

  • マスタマシンのブラウザウインドウでこのリファレンスを表示するには、次の URL を入力します。https://localhost/fmi/data/apidoc/
  • リモートマシンのブラウザウインドウでこのリファレンスを表示するには、次の URL を入力します。https://< ホスト>/fmi/data/apidoc/< ホスト> は FileMaker Server が実行されているマスタマシンの IP アドレスまたはホスト名です。
  • Windows サーバーの場合、リファレンスファイルは次のフォルダ内にあります。[ドライブ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Documentation¥Data API Documentation[ドライブ] は FileMaker Server 展開が存在するドライブです。Windows 上のデフォルト以外の場所にインストールした場合、次のようにデフォルトのインストールパスの先頭部分がインストール場所に置き換わります。[ドライブ]:[インストール場所]¥FileMaker¥FileMaker Server¥Documentation¥Data API Documentation
  • macOS サーバーの場合、リファレンスファイルは次のフォルダ内にあります。/ライブラリ/FileMaker Server/Documentation/Data API Documentation

メモ

リファレンスファイルでは先頭にコロン (:) の付いたキーワードを使用して URL 内の変数を示しています。例: :database
このガイドでは斜体フォントを使用して URL 内の変数を示しています。例: database-name

環境

macOS High Sierra (10.13.4)
curl 7.54.0
jq 1.5 (brewでインストールしてください!)

windowsの方は、cygwinなどでやってみてください。
時間があれば、検証してみます。

任意のレイアウトのレコードを取得する

Login や Get Records をまとめて書きます。

続きを読む →

FileMakerからGmail APIを使って「HTMLメール」と「添付ファイル」の送信を実装してみました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

Vimを使い始めたということもありますが、しばらく前から、できるかぎりターミナルで生活するようにしています。
そのおかげもあり、ターミナルをメインとした生活にも慣れてきまして、不要になったGUIアプリを少しづつ削除しています。

最初は大変かもしれませんが、慣れると本当に快適ですので、みなさんにもオススメしますよ!
まずは brew でのパッケージ管理を慣れてもらいつつ tmux や screen などを…

余裕があれば「おすすめするコマンド!」などのブログも書きますので!

fmOAuthの開発をしておりまして、Gmail APIでできることを、ほとんどカバーしたいと思いました。

とういことで HTMLメールの送信ファイルを添付してのメール送信 などを実装してみました。

FileMakerから Gmail API を使って「HTMLメール」と「添付ファイル」の送信をやってみた

fmOAuthの次のバージョンには実装できると思います!
また、ここらへんの機能を使い別のプロダクトへの展開も考えております。
(まだ、わかりませんが…)

あとがき

fmOAuthは「URLから挿入」のみで実装しておりますので、プラグインなどは利用していません。
APIって本当に素晴らしいですね!

API連携のことでお困りでしたら、ぜひともお問い合わせください!

また、昨年のFileMakerカンファレンスに登壇してから、スポットで技術的なコンサルティングの依頼を受けることが増えてきました。
お客様より「オンラインコンサルティングをチケット化して欲しい。」との声を頂いております。

…ということで、オンラインコンサルティングを気軽に依頼できるようにECサイトにてチケットを販売できればと考えております。
引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m

fmSimpleCalendar v0.0.0 がリリースできそうです

更新

2019-01-20

fmSimpleCalendarをGitHubに公開しました


こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

以前からお知らせしていましたが、タイトルの通り fmSimpleCalendar というソリューションを開発しています。
みなさまご存知の FullCalendar を使ったソリューションです。

いよいよ形になってきましたのでリリースできそうです。

リリースにあたり色々と考えましたが、ECサイトにて販売したいと考えています。
金額は未定です…

かりに、ソリューションを購入して頂いても、ご自身のカスタムAppに組み込めないと意味がないので、基本的に組み込みをするサポートする方向で考えています。
もちろん「俺はサポートなんぞ不要だ」という方もいるかもしれませんが…
そういう方とは個別対応させて頂きたいと思います。

リリース直後だからといって割引をして販売することなどは考えていませんが、オンラインコンサルティングなどの特典?などを考えています。

fmSimpleCalendarの紹介

ドラッグ&ドロップ

表示切り替え

続きを読む →