1件のコメント

API GatewayとAWS Lambda(Node.js)を使い効率よくWebサービスと連携する その1

こんにちは。

株式会社フルーデンスの小巻です。

2020年03月04日に、Claris Connectがリリースされました。

Claris Connect は単純な自動化を超える飛躍をもたらします
https://www.claris.com/ja/blog/2020/developers-soar-beyond-simple-automation-with-claris-connect

大変素晴らしいサービスだと思います。

さて、今回はタイトルの通り、Claris Connectではなく、AWSの2つのサービスを活用して、効率よくWebサービスと連携する方法を書きます。

具体的には、Amazon API GatewayとAWS Lambdaがどのようなものか、を簡単に説明するための記事です。

FileMakerではなく、Node.jsを使いますので、ご了承ください。

このようなイメージになります。

filemaker-aws-apigateway-lambda-24

記事の対象者

今回の記事に興味あるFileMaker開発者は、ほとんどいないだろうな、と思っております。

FileMakerしかできない方には、Node.jsの話のため参考になりませんし、
FileMaker以外の言語を書ける人には、既に使ったことがある方が多いと思いますので、特に参考になる情報ではないためです。

今回の記事の対象者は、以下のような方だと思います。

  • FileMakerの『URLから挿入』を使って、Webサービスと連携している方。
  • 他の言語を使えば『もっと簡単に書けるのではないか?』と思っている方。
  • 多言語を勉強しようと思っている方。
  • S3やSES、DynamoDBなどのAWSのサービスと連携したい方。

上記に当てはまらない方は、タブを閉じて頂ければと思います。

続きを読む →