API連携のテストには “テキストを挿入” がおすすめ

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMaker 16 より URL から挿入 が大きく改良されました。
cURLオプション を使えるようになった点がすごく大きいですね。

知らない方も多いようですが、バージョン15でも httpspost などは使えてたんですよね。

https://www.filemaker.com/help/15/fmp/ja/#page/FMP_Help%2Finsert-from-url.html

[URL から挿入] は、http、https、httppost、httpspost、ftp、ftps、および file プロトコルをサポートします。FileMaker Pro は、URL によってターゲットフィールドに指定されたリソースをダウンロードします。

ただ、外部サービスとの連携をする際には、デフォルトの機能ではできないことが多く、私は BaseElementsプラグイン を利用して、cURLコマンドを実行していました。

https://baseelementsplugin.zendesk.com/hc/en-us/articles/203843738-BE-HTTP-POST

BE_HTTP_POST ( url ; parameters { ; username ; password } )

Does a http POST function and returns the results. This uses the curl library so output will be similar to that. This is used in conjunction with the BE_HTTP_Set_Custom_Header function to set custom headers in advance and the BE_HTTP_Response_Code and BE_HTTP_Response_Headers functions to get the result values after the POST is complete.

話を戻しまして。

API連携をする際に、cURLオプションに色々と記述するわけですが、FileMakerの計算式で書くには、少ししんどいケースがあります。

続きを読む →

setsumeikai_seminar
1件のコメント

9月12日のWebセミナーで利用したデモファイルのダウンロードについて

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

Webセミナーにご参加頂きまして、ありがとうございます。

以下のフォームに入力して頂けますと、Webセミナーで利用したデモファイルをダウンロードできます。

GitHubで公開しましたので、ご自由にダウンロードして頂ければと思います。

ダウンロード

https://github.com/teruhirokomaki/filemaker-webseminar-curloption

デモファイルのイメージ

cURLオプションを使ってDropboxを操作しよう

バージョン16で改良された「URLから挿入」と「cURLのオプション」を活用し、Dropboxを操作するデモをご紹介します。外部サービスと連携し、カスタム Appをより便利に活用しましょう。
– Dropboxにある各種データの情報を取得する
– FileMakerからDropboxに各種データをアップロードする
– Dropboxにある各種データのテンポラリーなURLを取得し閲覧する
– その他活用方法など

※メールが届くまで少し時間がかかるかもしれませんので、ご了承ください。