Amazon Lightsail で Redmine を使ってみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。

突然ですが、Amazon Lightsail って知っていますか。

amazon-lighsail

Amazonが提供するVPSで $5/月 から始めることができるのでお安くて安心なVPSです。
日本だと さくらのVPS が人気だと思いますが、個人的には Amazon Lightsail が好きです。
(Amazon Lighsail は、おそらくAWSの無量枠で使えると思います。どなたか教えてください。)

インスタンス作る

Amazon Lightsail ではインスタンスを作る際に Bitnami を使うことで、
簡単にアプリケーションを導入できます。

apps-os

もちろん、OSのみでのOKです。

osonly

価格はこんな感じです。

instance-plan

Redmineを使おうと試みたけど、インストール作業が面倒くさいぜって方も多いと思いますが、Bitnamiを使えば簡単ですので。
今のところリージョンが選べないのが微妙ですが、今後に期待ってことで。

keyのダウンロード

しばらくしたらマシンが起動しますので、SSHでアクセスします。
予めダウンロードした key でマシンにアクセスします。

ssh-key

Account > Download default key でダウンロードして

% mv Downloads/LightsailDefaultPrivateKey.pem .ssh/
% ssh -i .ssh/LightsailDefaultPrivateKey.pem bitnami@xx.xx.xx.xx

アクセスできましたので

login

Redmine にログインするためのパスワードを確認します。

$ vim bitnami_application_password

とか

$ cat bitnami_application_password

ブラウザでipアドレスにアクセスしたら Redmine が表示されますので、あとはご自由にどうぞ。

ちなみに、以下の点を別途対応する必要があるので、ググってくださいませ。

  • 画面右下のバナーをけす
  • メール送信の設定をする
  • できればsslの設定をする

あまりにも簡単だったので、記事にしてみました。
誤りがあったらご指摘頂ければ幸いです。

プロジェクト管理は、Redmineだけでなく、JIRA+Confluenceでも、Backlogでも、なんでもいいと思います。
個人的には、顧客への説明が少なくてすくむので、Backlogが好きです。

2014年からフリーランスとして活動し、2016年に株式会社フルーデンスを設立する。 最近は、GolangでCLIツールを開発したり、GAE/GoでWebアプリケーションを開発しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください