filemaker-pro-fmaddcal-eye-catch
2件のコメント

FileMaker Go でカレンダー機能を実装してみた

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻旭洋です。


追記:2017-12-25
2017/12/23のFM-Tokyoにて発表した内容の一部を記事にしました。

Integromatを使いFileMakerとGoogleカレンダーを簡単に連携する
https://frudens.jp/filemaker-google-integration-integromat/


追記:2017-12-13
FileMakerからGoogleやMicrosoftなどのAPIに簡単に連携できる “fmOAuth” というファイルをリリースしました。
ベータバージョンですが、宜しければ以下のURLよりダウンロードしてご利用頂ければと思います。
https://frudens.jp/fmoauth/


最近では、様々なところでiOSなどのモバイルを有効活用したシステムが増えてきました。
FileMakerの事例でいえば、製造業や倉庫内での管理業務にモバイルを活用するケースが多いようです。

弊社も今まで以上に、FileMaker GoをメインにしたカスタムAppを開発して行ければと考えております。

話は変わりますが、FileMakerで受託開発をしていると、御客様から「Googleカレンダーのような機能を実装して欲しいんだけども」という要望を多く頂きます。

おそらく、多くの開発者は「やろうと思えばできますが、Googleカレンダーのような使い勝手にはならないかもしれません。」っという感じの返事をしているかと思います。

そこで「FileMakerでGoogoleカレンダーにどこまで近づけるか」ということをやってみようと思い制作しました。
リリースできるレベルになったら、FileMaker社のサンプルをダウンロードできるページに掲載して、皆様に気軽に試せるようにしてみようと考えています。
将来的には、インハウス開発者の皆様が作ったカスタムAppに “コピペで簡単に実装できる” ようにしたいと考えています。

まだ完成はしておりませんが、少しずつ形になってきましたので、どんな感じか公開してみようと思います。

OAuthを使ってGoogleカレンダーとの連携を試みましたので、宜しければご覧ください。

FileMakerのカレンダーとGoogleカレンダーの同期を試みる

カレンダー機能のデモ

こんな感じです。

FileMaker Go

FileMaker Goだとこんな感じです。

filemaker-go-fmaddcal

FileMaker Pro

もちろん、Goだけじゃなく、FileMaker Proでも使えるように現在制作中です。
(UIは未完成です。)

filemaker-pro-fmaddcal

制作してみて

個人的には「レコードのロックや更新をどのようにコントロールするか」を考えなければいけないと感じました。
ひとつの予定に履歴用のテーブルをつくり、いつでも情報を復元できるようにするのがよいかと思います。

地味ですが、無駄にこだわった部分もあって、熱をいれて説明したい気持ちもありますが。。。

addfmcal

また別の機会に仕組みや細かい部分を書こうと思います。

今回のカレンダー機能ですが “addfmcal” という名前にしようと思っています。
名前から分かるとおり、インハウス開発者の皆様が作ったカスタムAppにアドオンで使えるようにしたい、という思いから考えました。

まだはっきりしていませんが “高度なログイン機能を簡単に実装できるような機能” をアドオンで使えるようにしたいとも考えています。
こういった類の機能は、開発者のノウハウを提供することになるので、迷っていますが。。。

FileMaker、Zoho Creator に関することであれば、どうぞお気軽にご相談ください!

当時勤めていた会社で FileMaker プラットフォームと出会い、インハウス開発者としてカスタムAppの開発を行う。2014年からフリーランスとして活動し、2016年に株式会社フルーデンスを設立する。最近は「URL から挿入」を使って、様々なサービスとAPI連携したり、Amazon DynamoDBやAWS Lambdaを使って開発をしています!

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です