FileMaker のコードを CotEditor で シンタックスハイライトする

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

昨年の終わり頃から、Vimを使いはじめまして、エディター周りを整理しているところです。

.vimrcで矢印キーを無効にして、しばらく使っていると、すこしづつ慣れてくるんですね。
繰り返し作業をすると、無意識に hjkl を押すことができるんですよね。人間って本当に不思議です。
なによりもターミナル内で作業できるところがいいですね!

もしかしたら、気が変わるかもしれませんが、しばらく Vim を使ってみようと思います。

ダウンロード

cloneとか、ダウンロードとか、してください。

CotEditor

https://github.com/frudens/filemaker-syntax-coteditor

Sublime Text

https://github.com/frudens/filemaker-syntax

TextMate

https://github.com/frudens/filemaker-syntax-textmate

CotEditor

以前にも FileMaker のコードを Sublime Text 3 で シンタックスハイライトする という記事を書きました。

今回は CotEditor のシンタックス用のファイルを作成したので、興味があれば使ってください。

シンタックス

こんな感じになりました。
CotEditorのハイライトはGUIで定義できるようになっていますので、すごく親切です。

coteditor-filemaker-syntax-highlight1

入力補完リスト

設定画面の「入力補完リスト」に追加すると、このように補完してくれます。素敵です!

FileMaker 16 の関数を全て「入力補完リスト」にいれているので、英語で入力しようとすると、すごい勢いで「補完」を迫られます…

coteditor-filemaker-syntax-highlight2

CotEditorの設定(表示)

私は、こんな感じに設定しています。フォントは、基本的に「Ricty Diminished」をつかっています。

テーマ : Monokai (http://www.naotaka.com/coteditorthemes/)
フォント : Ricty Diminished (https://github.com/edihbrandon/RictyDiminished)

coteditor-filemaker-syntax-highlight3

CotEditorの設定(フォーマット)

この画面から「読み込み…」を選択すれば完了です。

coteditor-filemaker-syntax-highlight4

スタイルの編集

こんな感じで簡単に設定できるので、自分の好みに設定するとテンションが上がると思います!

ちなみに設定画面の「IC」は ignoreCase で、「RE」は regularExpression だと思います。

coteditor-filemaker-syntax-highlight5

ファイル内では、以下のように記述されています。

values:
- beginString: "false"
  ignoreCase: true
- beginString: "true"
  ignoreCase: true

とか

numbers:
- beginString: "\\b-?[1-9]\\d*(\\.[0-9]+)?\\b"
  regularExpression: true

あとがき

いろいろとドキュメントを見ていたのですが、最終的に FullCalendar を使って実装することにしました…
テーマには Bootswatch の Cosmo を設定しています。

いっそのこと、Webセミナーやろうかとも考えいます。

coteditor-filemaker-syntax-highlight6

2014年からフリーランスとして活動し、2016年に株式会社フルーデンスを設立する。 最近は、GolangでCLIツールを開発したり、GAE/GoでWebアプリケーションを開発しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください