sublime-text-filemaker-syntax
1件のコメント

FileMaker のコードを Sublime Text 3 で シンタックスハイライトする

今年の「FileMaker カンファレンス 2017」の開催要項が発表されました。
10月23日(月)から3日間、パシフィコ横浜で開催されます。

インハウス開発者の皆様はスキルアップや情報収集のために、ぜひご参加をご予定ください。

http://www.filemaker.com/jp/conference/2017/

こんにちは。
フルーデンスの小巻です。

FileMakerのバージョン14から、コードを書くときに補完してくれるようになったので、以前に比べてかなり開発しやすくなってきました。
ただ、カスタム関数やデータビューア、複雑な計算式を書く際には、FileMakerの “式の編集” ではコードの見通しが悪くなります。

そもそも「複雑な計算式を書かないようにする」という点を意識すべきではありますが・・・

皆さんは、エディターとか使うのでしょうか?

私は好きなエディターでコードを書きたいので、色々なエディターを試してきました。

IntelliJ IDEA、Sublime Text、CotEditor、TextMate、Brackets、Atom、Vim・・・
色々と使いましたが、いまは Sublime Text の使用頻度が高いです。

ということで、自分のために Sublime Text で、FileMakerのコードをハイライトするようにしました。

しいてあげれば

  • エディターで書くことで検索できる
  • 他の開発者と共有しやすい
  • FileMakerがクラッシュしても大丈夫
  • 誤ってエスケープしても大丈夫

とかがメリットでしょうかね。早速、設定してみます。

cloneする

こちからcloneしてください。
Gitとかよく分からない、という人は「Clone or download」からzipでダウンロードしてください。

https://github.com/trhrkmk/filemaker-syntax

Packagesに移動する

解凍したフォルダを

/Users/UserName/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages

に移動してください。

こんな感じになります。

/Users/UserName/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/filemaker-syntax/filemaker.sublime-settings
/Users/UserName/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/filemaker-syntax/filemaker.sublime-syntax

sublime-text-folder

これで設定は完了です。

filemaker.sublime-settingsの説明

設定したあとに「具体的にどうすればSublimeでハイライトされるのか」という点ですが・・・
指定した拡張子のファイルを Sublime Text で開いたら、自動的にシンタックスハイライトされます。
説明するほどでもないですね・・・

見て頂いたほうが早いので続けます。

filemaker.sublime-settingsは以下のように拡張子を指定しています。

filemaker.sublime-settings
---
{
	"extensions":
	[
		"txt",
		"calc",
		"fmfn",
		"fmt"
	]
}

filemaker.sublime-settingsで指定した拡張子の場合は、FileMakerとして判断しています。

下の図のファイルをSublimeで開くと、FileMakerとしてシンタックスハイライトされるわけです。

sublime-text-sample-file

シンタックスハイライトする

このように表示されます。

sublime-text-filemaker-syntax

自分の好きなようにハイライトをコントロールしたい場合はfilemaker.sublime-syntaxを修正してもらえればと思います。
以下のようなテキストがハイライトされます。

# 関数
Get ( CurrentDate )
Get ( UUID )
Case ( test ; result ; defaultResult )
Sum ( to::fieldName ; GetAsNumber ( 2 ) )

# 変数
$変数
$$変数
~変数

# 数字
1234567890

# コメント
// コメント
/*
* コメント
*/

# 算術演算子
+, -, *, /, ^

# 比較演算子
=, <=, ≤, >=, ≥, <>, ≠, <, >

# 論理演算子
and, or, not, xor

# 文字列演算子
&, "String", ¶

# その他
True, true, False, false
::, !, ;
?, global, result, value, type, expression, var ...

拡張子を指定していない任意のファイルをハイライトする

当たり前ですが、拡張子が違う場合でもハイライトできます。

htmlファイルをFileMakerに変更する場合は、下の図のように変更します。

sublime-text-select-filemaker

無事変更できます。
sublime-text-html-filemaker

おわり

シンタックスハイライトの話で、ブログで “MBSプラグイン” が使えるのでおすすめ!とか言っている人を見かけますが、有料のソフトなのでお金を払って使いましょうね。
フリーだと思っている人もいるみたいですが、有料なので気をつけてください。

最近、開発が落ち着いて少し余裕がでてきたので、ブログをコツコツと書いていこうと思います。

FileMaker や Zoho Creator に関することなら、どんなことでも大丈夫ですのでお気軽にご相談ください!

当時勤めていた会社で FileMaker プラットフォームと出会い、インハウス開発者としてカスタムAppの開発を行う。2014年からフリーランスとして活動し、2016年に株式会社フルーデンスを設立する。最近は「URL から挿入」を使って、様々なサービスとAPI連携したり、Amazon DynamoDBやAWS Lambdaを使って開発をしています!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です