lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-7

legoを使ってLet’s EncryptのSSL証明書をDNS認証で発行しFileMaker Serverに設定する方法

Let’s EncryptのクライアントでlegoというCLIツールがあります。

Go製のCLIツールのため、導入や実行が簡単にできます。

非常に簡単に実行できたので、タイトルのとおり、FileMaker Serverに設定する方法を紹介します。

当然ですが、すべて自己責任にてお願いいたします。

環境など

今回は、以下の環境で作業をしました。

  • Windows Server 2016
  • FileMaker Server 17
  • lego v2.1.0

DNSのコンパネにログインして、TXTレコードを編集できる必要があります。

まずはlegoをダウンロードする

GitHubのリリースからダウンロードします。

legoのリポジトリはこちら

https://github.com/xenolf/lego

ダウンロードはこちら

https://github.com/xenolf/lego/releases

以下をダウンロードします。

lego_v2.1.0_windows_amd64.zip

lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-1

今回は、Downloadsに保存して、作業を進めます。

lego-filemaker-server-windows-server-2016-ssl-letsencrypt-2

解凍します。

続きを読む →

goFMDataMigration(FMDataMigrationを簡単に実行するためのCLIツール)を公開しました

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

FileMakerの開発をする際に、商用環境と別に開発環境を準備するのが一般的だと思います。

また、初回バージョンのシステムをリリースした後には、開発者は、開発環境を修正し任意のタイミングで、商用環境にリリースします。

そのため、リリース時には、商用環境にあるデータを開発環境のCloneファイルにデータ移行(DataMigration)する必要があります。

データ移行(DataMigration)について


これまでは、おそらく開発者自身でデータ移行ツールを作成し、事前にリハーサルをし、リリース作業をする方が多いと思います。

もしくは、リフレッシュFM(RefreshFM) などを利用しているかもしれません。

しかし、今回のタイトルにもある通り、これからは FMDataMigration というCLIツールを使うケースが増えると思います。

FMDataMigrationについて

FMDataMigrationとは、FileMaker Developer Subscription (FDS) をサブスクリプションすると利用できるCLIツールです。

詳細は、以下のリンクを見るとよいと思います。

FileMaker Developer Subscription
https://store.filemaker.com/product/FDS

Introducing FileMaker 17’s FMDataMigration Command Line Tool
https://www.soliantconsulting.com/blog/fmdatamigration-command-line-tool

FileMaker Data Migration Tool Guide
https://fmhelp.filemaker.com/docs/edition/en/migration/index.html

続きを読む →

Google DriveのCLIツールは skicka がおすすめ

こんにちは。
株式会社フルーデンスの小巻です。

G Suiteのビジネスエディションを契約すると、Google Driveが無制限になりますので「これは使わない手はない!」っということで、Google Driveを積極的に利用しています。

きっと、多くの方が「ドライブ ファイル ストリーム」をインストールして使っている?と思います。

ドライブ ファイル ストリームのサイズがおかしい?

私も、先日まで「ドライブ ファイル ストリーム」をインストールして使っていました。

なにかのきっかけでディスクの容量を確認した際に…

~/Library/Application\ Support/Google/DriveFS

DriveFSのサイズがえらいことになっていました。

個人的には、Dropboxのスマートシンクと同じ認識で使っていたので、なんでこんなに容量使ってるんだろう?と疑問に思いつつ…

私の設定が悪いのか?分かりませんが、ドライブ ファイル ストリームをインストールしている意味がなくなったので、アンインストールして、CLIツールを探すことにしました。

CLIツールを探す旅1

Google DriveのCLIツールをググると「gdrive」がでてきます。

Go製なので、インストールして使ってみました。

インストール

go get github.com/prasmussen/gdrive

list

gdrive ls という感じで使えると思ったが --query "name contains 'gdrive'"とか、しんどい…

しばらく使ったが、どこか違う感がありました。

$ gdrive list --query "name contains 'gdrive'" --order "quotaBytesUsed desc" -m 3
Id                             Name                     Type   Size     Created
0B3X9GlR6EmbnZXpDRG1xblM2LTg   gdrive-linux-mips64      bin    8.5 MB   2016-02-22 21:07:04
0B3X9GlR6EmbnNW5CTV8xdFkxTjg   gdrive-linux-mips64le    bin    8.5 MB   2016-02-22 21:07:07
0B3X9GlR6EmbnZ1NGS25FdEVlWEk   gdrive-osx-x64           bin    8.3 MB   2016-02-21 20:22:13

引き続き旅を続けました。

続きを読む →